潤いのある生活を楽しむために、まず始めなければならないのは「美味しい食事」だと、器屋は考えます。
家族揃っての楽しい食卓。そこでは、みんなの笑顔と楽しい会話がはじけます。
「美味しい食事」をアシストしてくれる道具たち、お茶碗やお皿や、お箸に、スプーン、コップやコースターやランチョンマット、う〜ん、もっともっとあるけど、全部含めて「生活具」
そう、生活を楽しくしてくれる道具たちを、私たちは「生活具」と呼んでいます。

自然素材を使った、手作りの道具たちは、作り手の温かさを伝えてくれます。言葉のないコミュニケーションですが、不思議に心を癒してくれます。そういう「生活具」を使っていると、自然と自分以外の人たちにも優しくなれるような気がします。
「生活具の店 器屋」に入ると、壁にこんな板が貼ってあります。
 ■器屋のコンセプト■
 いい気持ちで暮らすために
 いい道具を手に入れてだいじに使おう
 すぐ捨てるようなものは
 買わないようにしよう
 消費者であることをやめて
 愛用者になろう
 10倍良いものを買って
 10倍長く使えば
 使うネダンはおんなじだ
 いい道具を集めて
 うまく組み合わせて楽しく暮らそう
 いい道具を長く愛用しよう
私どもの考える生活具は、このようにありたいと思っております。
食べる道具・作る道具・その周辺にある遊びと知恵のある道具いずれも、使い応えと使い勝手を大事にしたいと思います。
ご意見など、遠慮無くお聞かせいただければ幸いと存じます。                         生活具の店 器屋
「生活具の店 器屋」で、お気に入りの生活具を見つけて
末永くご愛用いただけますよう、お願い申し上げます

器屋 店主
■ホーム  ■ごあいさつ  ■今月の逸品  ■ギャラリー  ■マーケット  ■ONCE MORE  ■Papa's Bar