ボタン ボタン ボタン ボタン

タイトル
プロフィール



ライン

リストマーク

花柳園喜輔とは、こんな人物です。
花柳園喜輔 Sonokisuke Hanayagi
  1948年(昭和23年)12月10日、東京生まれ。
幼少より日本舞踊の稽古を始める。手ほどき(初級基礎の指導)の師は、花柳喜久園(叔母であり名取りまで指導した取立師匠、昭和41年他界)長唄三味線を杵屋六也、茶道は鎌田宗常、囃子は藤舎せい子、狂言は野村萬に師事。
1967年(昭和42年) 日本大学芸術学部演劇学科に入学。
松本亀松教授、遠山静雄教授、目代清教授の指導を受ける。
実技は、藤間紋寿郎、花柳宗岳、三宅藤九郎に師事。
1968年(昭和43年) 花柳流三世家元花柳寿輔より師範資格を許され、「若樹(わかき)会」(自身の研鑽と門弟育成機関)を発足。
1971年(昭和46年) 日本大学芸術学部卒業。花柳喜久次、花柳紘三の指導のもとに舞踊家としての第一歩を踏み始める。
1977年(昭和52年) 男性舞踊グループ「獅子の会」結成。
1980年(昭和55年) 「リサイタル園喜輔の会」を発足。第10回公演(1999年)『ながさきの椿姫』(国立小劇場)まで続けた。
1990年(平成2年) 国際交流基金、東京都文化振興会等の派遣にて海外公演グループ「日本舞踊アンサンブル」に参加し、各国を廻る。
1993年(平成5年) 日本の文化を考える会「季座(ときざ)」設立に加わり、伝統芸能に携わる各ジャンルの実演家と活動を開始。

日本工学院専門学校クリエーターズ・カレッジ講師となり、日本舞踊の実技指導を始める。
1994年(平成6年) プロデュース活動「拓の会」を発足。公演活動開始。
1998年(平成10年) 有限会社オフイス拓を設立。日本舞踊を中心とした公演、企画、出版、制作等の実施を組織的に目指す。<21世紀に向けて、より発展する伝統芸能>が目標。
『踊り狂いの30年』と題した記念公演を国立大劇場で開催。
2000年(平成12年)12月から「日本の音楽と舞踊の魅力を探る会」を シリーズ公演として開催。(第1回ものぐるいの美)以後2010年(平成22年)「第10回ゆうらくの美」まで開催。
2003年(平成15年)3月、拓の会別会「鐘三響(かねさんきょう)」を開催。
2006年(平成18年)3月拓の会別会「花柳園喜輔振付作品集」を開催。
2007年(平成19年)3月「獅子の会」最終公演を開催。
2008年(平成20年)4月「踊り狂いの四十年」記念舞踊会を国立大劇場で開催。
2010年(平成22年)6月拓の会別会「園喜輔 創る躍る」を開催。
2012年(平成24年)10月拓の会別会「園喜輔 創る躍る」清元を中心に開催。
2013年(平成25年)11月拓の会別会「園喜輔 創る躍る」長唄を中心に開催。
2015年(平成27年)11月拓の会別会「園喜輔 創る躍る」を常磐津音楽中心に開催。
2016年(平成28年)10月拓の会別会「園喜輔創る躍る 変化舞踊の魅力」を開催。

受賞関係 昭和46年日本舞踊協会新春舞踊大会大会賞。平成元年度文化庁芸術祭賞。平成25年度舞踊批評家協会賞。平成28年度文化庁芸術祭優秀賞。
所属   (公社)日本舞踊協会、協同組合季座、北区日本舞踊連盟、日本民俗芸能協会

是非、掲示板にご意見・ご感想をお書き下さい。
ライン

リストマーク