アイコン日本の音楽と舞踊の魅力を探る Vol.4

レクチュア「いきの美」その3

        ゲスト 池田弘一


池田 さてこの辺のところで、次に深川八景に入る前に、演奏していただく今藤さんに出て頂いて、ちょっと部分演奏を聴いて予備知識を得たいと思いますんで、どうぞ、今藤さんよろしくお願いいたします。



尚之 今藤尚之(ひさゆき)こと荻江露喬(ろきょう)でございます。

長龍郎 今藤長龍郎でございます。荻江の方の名前は荻江露伴と申します。よろしくお願いいたします。

池田 長唄は皆さんおなじみが多いと思うんですが、荻江という音曲については皆さん初めて聴くって言う方もおありになると思いますんで、短くと言うのは酷な注文で申し訳ありませんが、荻江の特徴的なところをお話いただけませんでしょうか。

尚之 専門的なことは池田先生にお任せしまして、荻江節は初代の荻江露友っていう方は歌舞伎をやはりおやりになっていたらしく、最初は長唄で発展したんですね。ところが、なかなか微細な節回しで大劇場向きにはちょっと声量もなく、自分でも向かないと思ったのか、だんだん長唄の方から遠ざかって、まあ、地唄とかを取り入れて、いわゆる江戸風、さっぱりな情感あるものに荻江節が発展していったそうなんです。それで長唄とは別に、荻江節っていうのができたそうでございます。

池田 では、長唄の三味線と、荻江の三味線との相違点とはいかがでしょうか。

長龍郎 専門的なことを申し上げますと、棹と胴というのは同じでございます。違うところがこの糸巻きですね。長唄の場合の糸巻きは象牙でございますが、荻江は黒ねじ、黒檀の糸巻きです。撥は、荻江の方が幅が広くて、かなり薄い撥をつかっております。あと、駒が長唄のものより幅広く清元、常磐津の駒よりは小ぶりな駒、長唄と清元、常磐津の中間くらいの駒を使っております。

池田 棹は細棹、長唄と同じなんですね。

長龍郎 ハイ、私の場合、糸も長唄と同じ太さの糸を使っております。

池田 はあ、お三味線と言うと、みんな同じように思っちゃうんですが・・ご承知の義太夫なんかですと、これ太棹ですね。義太夫の撥なんか大変重い、厚ぼったいもんですが。今長唄と荻江の撥の違いを見せて頂いたんですが、やはりそういうものを夫々違ったところで違った音色っていうのでしょうか、特徴ある音色を出す、ということで、まず深川八景の特徴的なところ、口説きでしょうか、荻江の。

長龍郎 口説きってことになりますと、歌詞を読み上げて見ますと、「そもや土橋の 渡り初め 逢い初めし夜が 縁じゃもの」って言うところ、一節荻江節を唄ってみようと思います。

  演奏する。

池田 今のが荻江節の深川八景の中のくどきの部分を一節、唄って頂いたんですが、今度は「同じように、深川八景をうたっている長唄の、巽八景、その巽八景のくどきの部分をお願いいたします。これは私の方で、ちょっと文句を読みますと、「おなごの念も通し矢の、届いて今は張り弱く いつか二人が仲町にしっぽりぬるる 夜の雨」いい文句でしょ。余計なことをはさみますが、明治初年までは富岡八幡様の裏手の方には三十三間堂があったんです。もと浅草に在って、浅草で焼けて元禄十四年っていいますから浅野内匠頭がこんなことやった、あの年に深川に移って来ていた、もちろん観音様、あの三十三間堂のお堂があったんですが、明治になって、またこれも廃仏毀釈というこで廃寺になって、墓地になって、今は小学校。数矢小学校。通し矢の矢数を、京都と同じように三十三間堂でもしましたので、そんなところから数矢小学校となっているようでありますが、まあ野暮な話をしました。色っぽいところで、長唄の巽八景の口説きの部分をよろしくお願いいたします。



演奏する。

池田 いかがでしょうか。お聞きになってらっしゃって、荻江の方がやや浄瑠璃的と言いましょうか、そういう感じですな。長唄の方が唄うという要素が強いようですね。後で又深川八景を聞いて頂くので、そんなところをちょっとおつむにおいて頂くと良いかと思います。
では、もう一つですね、お三味線だけで、佃というのを、荻江の方の佃と長唄の方の佃のと違いを聴いていただこうと思いますね。佃と言うのは水の流れを表すんでしょうか。

長龍郎 そうですね。

池田 どんな情景をご想像なられますか。これは、小粋な船があって、中に芸者衆が乗ってて、私もいて、でこの三味線でもって、大川を上っていく。例えばですね、大川橋をくぐる、現今の吾妻橋を上がってくと左手にこんもり見えてくる待乳山の聖天さま、その先を左に曲がる今戸橋をくぐる、行く先は吉原ですね。今はダメです、川がありませんから。そんなような情景を思い浮かべる人もあれば、もっと、いろんなことを思い浮かべるかたもある、それが「いき」なんだと思います。一色じゃない。いろんな色合いにものを感ずるから、音曲も面白い、音楽も面白いんで、まあ、そんなところで、ありがとうございました。それではこれでこのコーナーはこれで終わります。




「物狂い考」その1 「物狂い考」その2
「物狂い考」その3 「物狂い考」その4
「道行きの美」はじめに 「道行き考」その1 「あな妖し考」その1 「あな妖し考」その2
「いきの美」その1 「いきの美」その2